« 最近の投資スタイル | トップページ | FPの試験 »

2013年9月22日 (日)

国民年金第1号被保険者になりました。

ミルクとクルミは最近、扶養から外れ、第3号被保険者から第1号被保険者になりました。

そのために国民年金を支払う手続きをしました。

さて第1号被保険者とは、自営業、社会保険に加入していない会社員などです。給与天引きでなく、国民年金を納めています。

2号被保険者のサラリーマン・公務員、そして第2号の扶養に入っている配偶者(3号)以外の人たちです。

さて、扶養から外れ第1号になることで国民年金&国民健康保険料を払うことになりました。個人型確定拠出年金(401k)を拠出できるようになりました。

そうそう、OL時代は第2号だったので拠出限度額は月23,000円でしたが、第1号だと月68,000円までできるのです。限度額が大きいのも第1号は第2号と比べて保障が手薄だからでしょう。

第1号被保険者になると上乗せ年金として、国民年金基金(上限68,000円。ただし確定拠出年金とあわせて)、付加年金(保険料月400円。こちらも確定拠出年金も加入OK)の2つがあります。ただし国民年金基金と付加年金は、同時に加入できません。

面白いと思ったのはこの付加年金。月の保険料は400円のみ。でも侮ることなかれ。リターンは高いんです。たとえば2年間付加年金払ったとします。支払保険料400x24か月=4,800円。将来もらえる付加年金200x24か月(これは過去に加入していた月数)=2,400円。この2,400円が毎年受け取れるというものです。2年受け取れば元が取れます。これを仮に10年間受け取れば5倍のリターンです。まあ金額は小さいけれども。

私は国民年金のほかに上乗せとして確定拠出を67,000円、付加年金を400円にしました。上乗せ年金に入ることで、1号のまま働くことになったとき、特に税金の負担を軽くできると考えました。

このまま1号で行くのか、2号や3号にまた変わるかもしれません。1号なら1号としてのメリット、2号や3号のメリットそれぞれ活かして自分年金を作っていきたいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

|

« 最近の投資スタイル | トップページ | FPの試験 »

年金」カテゴリの記事

コメント

やっぱり資産運用は難しそうですね。
いま1000万円あるのですが、これでどのくらいの運用が出来ますか。もちろん長期的の場合、元本割れの少ない方がいいのですが?

投稿: イモムシ | 2013年10月 9日 (水) 09時13分

イモムシさま、
長期にわたって資産運用するとなれば、一時的にあれ元本割れになることを想定したほうがいいと思います。

元本割れが少ないほうがいいとのことですが、その場合は株式より債券を多めに組み込むことが考えられます。
あと、1000万円の資金を一気につぎ込むより時間を分散してたとえば10回に分けて資金を投入する、タイミングが難しいようであれば毎月●●万円ずつ自動積立もありでしょう。

少しずつ時間を分散して投資すれば値動きにも慣れてきますよ。

投稿: ミルクとクルミ | 2013年10月17日 (木) 13時01分

はじめまして。
国民年金と個人型確定拠出年金と毎月400円の付加年金を一緒に払うことが出来るんですね。びっくりしました。
実は私も近々、第3号から1号に変わる事が決定しているのでいろいろと調べているところでした。
ブログ主様は、個人型確定拠出年金を上限まで掛ける事にされているようですが、やはりそれが一番良いと判断されての事だと思いますが、判断するのになにか良い参考になるものをご存知でしたら教えていただけないでしょうか?
私、54歳。個人型確定拠出年金を掛けるとしても約10年しかないので迷っているところです。
主様のブログ、これからも参考にさせていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。(*^_^*)

投稿: あおぞら | 2013年10月27日 (日) 19時47分

ミルクとクルミが上限まで入ったのは、再び第3号になり拠出できなくなる時期が来る時のことを考え、拠出できるときにしておこうと思ったからです。あと60歳以降、一時金で受け取った場合、退職所得控除が適応されます。ミルクとクルミは38歳に加入、60歳まで22年です。ミルクとクルミの場合、その退職所得控除額が940万円なので、確定拠出年金の残高が940万になるまで税金がかからないので、その金額に近づくまでガンガン上限額で行くのがいいかとの判断です。(現在まだ残高200万にすら達していないので。)
あおぞら様の場合、54歳加入ですと60歳まで6年ですので、一時金で受け取ると240万までは税金かかりません(退職所得控除、20年以下の場合:加入年数x40万)。60歳時点での通算加入期間:6年以上→62歳より受け取り可能、4年以上→63歳から受け取り可能です。以上参考になれば幸いです。

投稿: ミルクとクルミ | 2013年10月28日 (月) 22時21分

ミルクとクルミさま。詳しく教えてくださりありがとうございます。
なるほど、一時金として一括で受け取る事も出来るのですね。
そしてそれは税金がかからない。
すばらしい!です。
まだ年齢的に間に合ううちに教えていただけたミルクとクルミさまに感謝です!
こんなにお得な情報、日本年金機構のHPのどこかに載っているのでしょうかねぇ。
ぱっと見ただけじゃわからなかったです。

今後とも参考にさせていただきます。

最後になりましたが、御結婚おめでとうございます。

投稿: あおぞら | 2013年10月29日 (火) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032488/53122955

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金第1号被保険者になりました。:

« 最近の投資スタイル | トップページ | FPの試験 »